地震や台風の時に窓ガラスが割れ、そのた破片によりけがをしたり、大切な物を破損してしまうというケースは珍しくありません。

飛散防止フィルムを窓ガラスに貼ると、これらの災害、事故によるリスクを大幅に軽減する効果(減災)が期待でき、窓ガラスにおいての安心・安全な環境を整える事ができます。

また耐紫外線処理剤によりUVカット効果が発揮され、室内への紫外線の侵入も防ぎます。


遮熱フィルムは省エネ・節電・暑さ対策になります。紫外線を99%以上カットするので、女性や小さな子供の皮膚にも優しく、 また室内の器物の日焼けや色あせを抑える効果があります。

遮熱フィルムを窓ガラスに貼ると、夏は熱線を屋外に反射し、冷房の負担を軽減し、省エネに直結する役割を果たします。

目隠しフィルムは、フィルムに印刷や凹凸処理をすることで目隠しや装飾をすることができます。

窓ガラスにおけるプライバシー対策をにするには、カーテンやブラインドを用いるのが主流ですが、 場合によっては常にそれらを閉めておかなければならないような状況に置かれる事もあり、室内を明るく保ちたい時には困ってしまいます。

目隠しフィルムを窓ガラスの上から貼るだけで、明るさを保ちつつ手軽にプライバシー保護ができます。 目隠しフィルムの料金表はこちら

防犯対策フィルムはセキュリティ対策になります。ガラスを破って侵入するドロボーから資産を守りましょう。

住宅などへの侵入犯罪はますます深刻化してきており、特にガラス窓からの住居への侵入は空き巣ねらいの7割超に達しています。 実はこうした窃盗犯の大半は、侵入に要する時間が5分を超過すると侵入をあきらめるといわれています。

ガラス開口部の防犯対策には、ガラスの破壊・貫通を大幅に遅らせる厚手の防犯対策フィルムを窓ガラス全面に貼ることが有効な手段です。 また、近年では、台風や竜巻などの突風による飛来物対策にも用いられるケースも見られるようになりました。

フィルムが貼付されているガラスは、ヒビが入るものの、ガラスが脱落しないため、手を差し込んで開錠する事が困難です。 また、ハンマーやバットなどで殴打しても、ガラスを簡単に破壊する事は難しい為、侵入者を焦心させ、犯行を諦めさせる事が期待できます。

断熱フィルムは省エネ・節電・寒さ対策になります。 寒い時期は暖房の赤外線を室内側に反射したり、フィルム自体に熱を伝わりにくくする加工を施す事で、断熱効果を得ています(製品によって異なります)

暖房機具を補助する働きが期待できるので、暖房の負担を軽減し、省エネに直結する役割を果たします。

ガラスのデザイン性を高めながら透過する光の質と量をコントロールして、多彩な空間設計を可能にします。

また、ガラスの飛散防止や UV カット機能も併せ持っています。

普通の窓ガラスにデザインフィルムを貼るだけで、お店・お部屋の雰囲気が変わりますので、内装工事をご検討の方にお勧めします。

防虫フィルム(ムシクリアー)は、虫が反応する近紫外線を含んだ紫外線領域だけをシャープにカットして虫を引き寄せにくくします。

人の見える光(可視光線)はカットしないので透明で自然な感じを保てます。 さらに、JIS規格の飛散防止性能を併せ持つので、地震や物の衝突でガラスが割れても安全です。

安全面・衛生面の配慮が求められる飲食店や食品工場、深夜営業の小売店舗、病院などの施設をはじめ、マンションのエントランスや住宅の窓におすすめします。

「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」は、抗菌・抗ウイルス性および安全性を認証するSIAAマークを取得した世界で初めてのウィンドウフィルムです。 SIAAマークの取得には、抗ウイルス・抗菌処理を施していない従来製品と比較して、菌の増殖割合が100分の1以下でなければならないなど厳しい規格を満たすことが必要となります。

昨今、抗ウイルス製品に対する社会的ニーズが高まっております。
アメリカではインフルエンザウイルスが猛威をふるっており、世界的にウイルスに怯えながらの生活を余儀なくされています。

主要な感染経路として接触感染が挙げられますが、多くはウイルス付着物に手で触れたあとに口や鼻などを触ることで感染するとされており、ウイルスに触れるリスクを減らすことが重要となっています。 一方で、様々な物に素手で触れないようにすることは限界があります。

中でもスマートフォンは、今や生活必需品となり毎日触ることが当たり前になっていますが、実は目に見えない菌やウイルスが多く存在しています。 「スマートフォン表面にはトイレの18倍細菌が存在する」という米国の研究データがあるほどです。

公共施設のタッチパネルなどは不特定多数の人が触るため、感染のリスクはさらに高いと言えるでしょう。 用途: 病院、学校、介護施設、食品ケースなどのウィンドウ面。